生協病院ブログ

東日本大震災第一次支援報告会

2011/03/28

3/21~25、全日本民医連の東日本大震災支援に、宮崎生協病院から4名(看護師3名、事務1名)の職員が第一次支援として参加しました。宮城県の坂総合病院の支援を中心に、その周りの避難所などの支援活動を行いました。報告会を3/28に宮崎生協病院で行い、被災地の状況、支援の状況について報告を受けました。坂総合病院はガス以外のライフラインは復旧しているということでしたが、避難所で生活をしている方は高齢者や子供など、まだまだ不自由な生活を余儀なくされている状況があること、自宅で生活している人の支援物資が乏しいこと、ガソリンがないこと、被災地の津波の傷跡も生々しくショックを受けたことなどの報告がありました。参加者の感想から、救急外来の深夜や病棟の手伝いなどを積極的に行った、看護師としてはじめて役に立てたような気がするなどの感想もありました。引き続き第2次支援を3/28~4/1まで、第3次支援を4/4~4/8までを予定しています。