生協病院ブログ

東日本大震災第2次支援・第3次支援報告会

2011/04/13

東日本大震災第2次支援・第3次支援者による報告会
が行われました。第2次支援は、医師、看護師、事務の3名、第3次支援は看護師3名が参加しました。支援地で救急外来に携わった医師からは、余震で寝不足の方や地震酔いの患者が多い状況、薬を飲めずに血圧が高くなっている患者、食事を取らずにインスリンを注射して低血糖になっている糖尿病の患者などの報告がありました。また、現地の状況として、ヘドロが乾燥し、それを吸引して咳が出るなど呼吸器疾患が増えていることなどの報告もありました。参加した職員からは、全国の民医連から多くの仲間(1300人超)が結集して支援している姿を見て頼もしかった、今後は被災地の方のメンタルケアの問題を何とかしないといけないなどの感想がありました。引き続き、全日本民医連の支援要請に応え、支援者を派遣する予定となっています。