平成29年度 宮崎生協病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 119 34 37 70 119 163 361 412 626 285
平成29年度に退院された患者様を年齢別(10歳刻み)に集計しています。
80歳代の患者様の割合が、全体の28.1%と最も高くなっています。
70歳以上の患者様の割合が、全体の59.4%で、退院患者数の半数以上を占めています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病 なし 64 12.63 12.34 12.5 69.55
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1 1あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 55 7 3.03 14.55 69.73
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 53 30.51 20.83 11.32 85.7
0400801499x001 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし A-DROP スコア1 47 15.36 13.51 4.26 82.77
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 45 28.91 17.71 2.22 85.87
DPCコードとは、入院で行われた治療行為を、医療資源を最も投入した傷病名に手術、処置の有無などを組み合わせて示したもので、「診断群分類」とも呼ばれます。
内科では、腎臓・尿路感染症の患者様が最も多く、2番目に狭心症で心臓カテーテル検査を実施した患者様が多くなっています。3番目に誤嚥性肺炎、4番目に市中肺炎と続き、肺炎で入院される患者様も多くなっています。5番目は心不全の患者様となっています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 15 10.73 8.98 0 70.93
060035xx99x60x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 6あり 定義副傷病 なし 12 6.17 4.47 0 65.67
060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 11 6.36 5.56 0 39.82
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし 10 7.6 7.87 0 53.6
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2 なし - - 5.5 - -
外科では、腸閉塞が最も多くなっています。2番目に大腸がん、3番目に虫垂炎となっています。

※年間該当症例数が10件未満の場合は、‐(ハイフン)表示となっています。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 18 5.22 5.7 0 2.11
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2 なし 12 4.33 5.5 0 3.92
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 定義副傷病 なし - - 5.94 - -
080270xxxx0xxx 食物アレルギー 手術・処置等1 なし - - 2.54 - -
0400801099x00x 肺炎等(0歳) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 6.1 - -
肺炎は年齢によってDPCコードが異なるため、1番目には1歳以上15歳未満の肺炎、5番目には0歳の肺炎、という2つの肺炎が入っています。

※年間該当症例数が10件未満の場合は、‐(ハイフン)表示となっています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 - - - - - - 1 7
大腸癌 - - - 34 - - 1 7
乳癌 - - - - - - 1 7
肺癌 - - - 22 - - 1 7
肝癌 - - - - - - 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
大腸がん、肺がんが多くなっています。

※年間該当症例数が10件未満の場合は、‐(ハイフン)表示となっています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 64 9.64 55.58
中等症 151 16.02 80.3
重症 25 20.76 83.96
超重症 - - -
不明 - - -
市中肺炎とは、普段の社会生活を送っている中で罹患した肺炎のことをいいます。
重症度は、A-DROPスコア(「A=年齢」「D=脱水」「R=SpO2(動脈血酸素飽和度)」「O=意識障害」「P=収縮期血圧」)を用いて5点満点で評価したもので、点数が高いほど重症となります。
重症度が高いほど平均在院日数が長くなり、平均年齢も高い傾向があります。

※年間該当症例数が10件未満の場合は、‐(ハイフン)表示となっています。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 - - - -
その他 - - - -
※年間該当症例数が10件未満の場合は、‐(ハイフン)表示となっています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸粘膜切除術(長径 2㎝未満) 等 101 0.84 1.88 0 64.64
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 28 31.96 32.46 14.29 83
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) 15 9.2 20.67 6.67 81.6
K597-2 ペースメーカー交換術 - - - - -
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) - - - - -
大腸ポリープに対して内視鏡を用いて行う粘膜切除術が最も多くなっています。2番目に胃瘻造設術、3番目にペースメーカーの移植術が多く行われています。

※年間該当症例数が10件未満の場合は、‐(ハイフン)表示となっています。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 13 1 3.85 0 63.31
K6335 ヘルニア手術(鼠径ヘルニア) 13 0.69 4.38 0 44.31
K7193 結腸切除術(悪性腫瘍手術) 12 16.67 32 8.33 73.67
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 11 3.09 6.82 0 65.27
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) - - - - -
腹腔鏡下で行う鼠径ヘルニア手術と開腹下で行う鼠径ヘルニア手術が同数で、最も多くなっています。次いで、結腸の悪性腫瘍に対する切除術が多くなっています。

※年間該当症例数が10件未満の場合は、‐(ハイフン)表示となっています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 - -
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 - -
異なる - -
※年間該当症例数が10件未満の場合は、‐(ハイフン)表示となっています。
更新履歴
2018/9/28
「平成29年度病院指標」作成