平成27年度 宮崎生協病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 118 51 65 96 112 157 343 424 675 230
当院は内科・外科・小児科の3つの診療科があります。
平成27年度に退院された患者さまを10刻みでカウントした数値です。
約40%が80歳以上の患者さまとなっております。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 手術なし 手術・処置等2 なし 335 15.59 14.34 3.28 73.67
110310xx99xxxx 腎臓または尿路の感染症 手術なし 98 12.89 12.6 4.08 72.24
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 75 44.71 21.69 17.33 85.67
DPC14桁コードとは、入院で行われた治療行為を、医療資源を最も投入した傷病名に手術、処置の有無などを組み合わせて示したもので、「診断群分類」とも呼ばれます。
肺炎や気管支炎での入院が多く、次いで尿路感染症、誤嚥性肺炎となっております。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 21 11.29 9.17 0 65.57
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし 11 8.55 7.91 0 60.82
060350xx99x0xx 急性膵炎 手術なし 手術・処置等2 なし 11 11.18 12.27 0 57.18
DPC14桁コードとは、入院で行われた治療行為を、医療資源を最も投入した傷病名に手術、処置の有無などを組み合わせて示したもので、「診断群分類」とも呼ばれます。
イレウス・腸閉塞での入院が多く、次いで結腸憩室症、急性膵炎となっております。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080x1xxx0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳未満) 手術・処置等2 なし 46 5.83 5.72 2.17 3
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2 なし 11 3.36 5.5 9.09 4.27
100393xx99xxxx その他の体液・電解質・酸塩基平衡障害 手術なし 10 2.9 10.28 0 7
DPC14桁コードとは、入院で行われた治療行為を、医療資源を最も投入した傷病名に手術、処置の有無などを組み合わせて示したもので、「診断群分類」とも呼ばれます。
肺炎・気管支炎での入院が多く、次いでウイルス性腸炎、ケトン血性嘔吐症などとなっております。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 0 0 - - - 0 1 7
大腸癌 - - - - - - 1 7
乳癌 0 - - 0 - 0 1 7
肺癌 0 0 - 27 - - 1 7
肝癌 - 0 - 0 0 - 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
5大癌と呼ばれる胃癌、大腸癌、乳癌、肺癌、肝癌の患者数を、初発の UICC 病期分類別、および再発に分けて集計したものです。
UICC 病期分類とは、UICC 病期分類国際対がん連合によって定められた、①原発巣の大きさと進展度、②所属リンパ節への転移状況、③遠隔転移の有無の 3つのカテゴリによって各癌をⅠ期(早期)からⅣ期(末期)の 4病期(ステージ)に分類するものです。

※年間該当症例数が10件未満の場合はハイフン表示(-)となっております。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 64 9.44 52.36
重症度 1 99 14.24 78.83
重症度 2 67 19.79 83.67
重症度 3 30 20.87 87.93
重症度 4 - - -
重症度 5 - - -
不明 - - -
市中肺炎とは、普段の社会生活を送っている中で罹患した肺炎の事をいいます。
重症度はA-DROPシステム  「A=年齢」、「D=脱水」、「R=SpO2(動脈血酸素飽和度)」、「O=意識障害」、「P=収縮期血圧」を用いて評価したもので評価数値が高ければ重症となります。
重症度が高いほど、平均在院日数が長くなり平均年齢も高い傾向があります。

※年間該当症例数が10件未満の場合はハイフン表示(-)となっております
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 - - - -
その他 - - - -
※年間該当症例数が10件未満の場合はハイフン表示(-)となっております。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的結腸粘膜切除術(長径2㎝未満) 47 0.28 1.57 0 64.94
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 19 40.53 30.79 21.05 80.58
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 15 52.13 42.4 73.33 81.27
内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術は、将来がんに変化する可能性のある大腸のポリープやすでにがんに変化しているポリープを切除します。ポリープ切除後の病理診断によっては追加の手術を要する場合があります。身体に負担の少ない手術ですが、切除後の出血等の合併症を考慮し当院では、基本1泊2日の入院で行っております。
経皮内視鏡的胃瘻造設術は、内視鏡を使用してお腹に小さな穴を開けチューブで胃へ直接栄養剤を注入する為の手術です。
脳血管障害や認知症の進行で飲み込む機能が障害され、食べ物や唾液が気管や肺に侵入し誤嚥性肺炎を起こしたり、飲み込む機能が障害されたために低栄養となった患者に対して行います。ただし、胃瘻造設後も在宅復帰には期間を要し約21%は療養型の病院へ転院となっております。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 ヘルニア手術(鼠径ヘルニア) 22 0.82 4.91 0 53.05
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 16 18.75 18 18.75 79.75
K672 胆嚢摘出術 11 11.73 12.09 0 69.09
鼠径ヘルニアの手術が1番多く、平均在院日数は約6日となっております。
胆嚢摘出術は開腹での手術ですが、腹腔鏡での胆嚢摘出術も行っており、同件数の11件となっております。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる 13 0.57
180010 敗血症 同一 - -
異なる 26 1.14
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 - -
異なる - -
最も医療資源を投入した傷病名が播種性血管内凝固症候群、敗血症、その他の真菌感染症、手術・処置等の合併症について、入院契機病名(入院のきっかけとなった傷病)の同一性の有無を区別して症例数をカウントし発生率を示したものです。

※年間該当症例数が10件未満の場合はハイフン表示(-)となっております。

更新履歴
2016/9/30
「平成27年度病院指標」作成